2018年1月21日日曜日

2世中心の偽装勧誘グループが出現、新たな偽装施設名称も発覚〔統一教会・家庭連合〕

偽装勧誘を行う2世たち(撮影:鈴木エイト)
街頭で伝道目的を隠匿した勧誘活動を行なっている統一教会・家庭連合の勧誘グループの中に、2世信者がリーダーを務め、メンバーもほとんど全員が2世というグループがあると判った。

2018年1月13日土曜日

幸福の科学施設が統廃合で1割減! 衰退をウォッチする写真祭りスタート

ELBISプロジェクトのウェブサイト
昨年末から幸福の科学の教団施設が立て続けに統廃合されている。これを受け、幸福の科学脱会者やジャーナリストによって、教団施設の情報を集約し統廃合状況を把握するための「ELBISプロジェクト」がスタートした。1月11日にウェブサイトを開設し、ネット上で広く情報を募集する。サイト開設記念として「閉鎖支部写真コンテスト」の作品募集も開始した。

2017年12月29日金曜日

冬コミ・やや日刊カルト新聞社の頒布品が超豪華に

年末のコミックマーケット93(コミケ)に参加予定のやや日刊カルト新聞社の頒布品が、新刊と新作グッズがやたらいっぱいあることがわかった。通常の同紙「紙版号外」を含め新聞、雑誌などの印刷物が計4作。さらに、カルトTシャツアーティストの新作カルトTシャツも12種類を取り扱う。同社の出展はコミケ最終日12月31日東地区ツ-53b。

2017年12月28日木曜日

大川隆法総裁の次男・大川真輝氏の書初めが祭りに=Twitterで絶賛開催中

Twitterより
27日夜9時過ぎからTwitter上で、幸福の科学教祖・大川隆法総裁の次男・大川真輝氏の年始の書初めを支援する「真輝様書初め祭り」が行われている。書初めのお題がまだ決まらないとして四字熟語を公募した真輝氏に、Twitterユーザーの応募が殺到。本紙が把握できているだけでも「全員落選」「糞カルト」「虚業教団」など400件近くにのぼり、一夜明けた現在も続いている。

カルト宗教関係者による公募企画が祭りに発展したのは、2011年8月に統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が教団のTwitter用キャラクターの名称を公募した「カルトくん祭り」以来、6年ぶり2度目。「カルトくん」祭りでの応募数は100件強で、今回の祭りは現時点ですでにその数倍の規模となっている。

2017年12月27日水曜日

1月4日カルト新年会2018にBeyond氏・松崎いたる区議が参戦決定

来年1月4日に阿佐ヶ谷ロフトAで開催されるトークイベント「カルト新年会2018 男たちのBAN歌」に、老舗有名サイト「悪徳商法?マニアックス」運営者のBeyond氏と、板橋区議会議員・松崎いたる氏が出演することが、本紙の取材でわかった。Beyond氏は04年以降、「ウェディング問題」「Google八分問題」などをめぐり、当事者として「ネットの表現の自由」について問題提起してきた。松崎氏は、板橋区ホタル生態環境館(閉鎖)をめぐる不正疑惑や元館長提唱の「ナノ銀除染」の非科学性を追求したところ日本共産党から昨年、除籍されている。ともに、やや日刊カルト新聞主催のイベントでは初出演。

2017年12月26日火曜日

統一教会の「使用者責任」だけではなく「組織的不法行為」も認定、元信者による損害賠償訴訟控訴審で画期的判決

会見する原告側代理人
司法が統一教会・家庭連合の組織的不法行為を認定した。
26日午後、元信者が同教団と国を相手取って起こした損害賠償訴訟の控訴審判決言い渡しがあり、東京高裁民事第21部の中西茂裁判長は「家庭連合は、綿密に構築された過程に従い、組織的、計画的に勧誘、教化を行い、家庭連合の教えを信じさせ、献金等の支出を続けさせ、入信させ、献身活動を行うに至らせている」「家庭連合が構築した勧誘、教化の過程に取り込まれ、家庭連合が計画したように信者となったことは確か」「その手法は社会的に相応と認められる範囲を逸脱している」と同教団の組織的不法行為を認定し、総額約1,164万円の支払いを命じた。
司法が同教団による「使用者責任(民法第715条)」だけではなく組織的な「不法行為(民法第709条)」を認定した判例はこれまでに数件しかない。

2017年12月19日火曜日

フジテレビ『あの教団の“今”を激撮』を検証、撮影優先で突っ込み不足か

フジテレビ『FNN重大ニュース 大追跡×総決算SP』
17日、フジテレビが放送した『FNN重大ニュース 大追跡×総決算SP』で 「桜田淳子氏復帰で再注目あの教団の“今”を激撮」「桜田淳子氏が舞台復帰で再び注目を浴びたあの宗教団体の合同結婚式は今も行われていた!その舞台裏を取材」として統一教会・家庭連合に関する特集が流れた。
しかし、識者が懸念した通り 、撮影を優先するあまり肝心の教団による社会問題を追及するという観点から見ると、物足りないものだった。

2017年12月17日日曜日

悲報!UNITE結成メンバーが合同結婚式を受けさせられていた

日刊SPA!のインタビューを受ける
UNITE結成メンバーの男子学生
統一教会・家庭連合の2世信者による政治組織『勝共UNITE』の結成メンバーの東大生が今年9月、韓国で開催された同教団の「合同結婚式」で結婚していたことが『日刊SPA!』の報道から判った。

2017年12月16日土曜日

フジテレビが「あの教団の“今”」として統一教会・家庭連合の合同結婚式の舞台裏を放送「また教団側の言い分を垂れ流すのでは」と懸念も


フジテレビが12月17日に放送する番組『FNN重大ニュース 大追跡×総決算SP』で、統一教会・家庭連合について取り上げることが判った。
1年半前、フジテレビは同教団の一方的な主張を放送し批判を受けたことがあり、カルト問題に取り組む識者からは懸念の声が上がっている。
本紙は、その際の教団内部文書を入手。そこにはフジテレビが同教団に対し「取材」ではなく「撮影協力」を「要請」し、教団に好意的な放送内容となることを伝えていたと窺わせる内容が記されていた。
今回の放送に際し、信者に配信された公文と合わせ公開する。

2017年12月15日金曜日

統一教会関連NPO、田代島住民説明会で島民から“完全拒絶”

住民説明会の模様
猫大福24 (@田代島)‏氏のTwitterより
統一教会・家庭連合の関連会社『海洋平和』が主導するNPO『特定非営利活動法人 石巻・田代島しまおこし隊(以下、しまおこし隊)』の進出を巡る騒動が続く田代島で14日、宮城県と住民からの要請による住民説明会が開かれ、『しまおこし隊』が島民から“完全拒絶”されていたことが判った。